サプリメントの定義と正しい利用法

サプリメントとは

サプリメントとは、健康食品に分類される食品で、健康食品もサプリメントも法律上の定義はなく、健康の維持増進のために利用されています。サプリメントはビタミンやミネラルなど健康の維持増進に役立つ特定の成分を濃縮し錠剤やカプセル状にしたものです(図)。

図:健康食品・保健機能食品・医薬品の分類を示す図
図:健康食品・保健機能食品・医薬品の分類1)を参考に作図

アメリカではDietary Supplementを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状(錠剤やカプセルなど)のもの」と定義しています1)

サプリメントの種類

サプリメントは各社メーカーからいろいろな種類が数多く販売されています。サプリメントは役割や目的によって大きく3種類に分類されます。

ベースサプリメント

ベースサプリメントは、体に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、DHAやEPAなどを補います。ビタミンはビタミンB1やビタミンB2、ミネラルは鉄や亜鉛など単体で販売されるものや、ビタミンを全て含んでいるマルチビタミンという形で販売されることもあります。

ヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントは、健康維持や美容などのために利用するイソフラボン、ローヤルゼリー、プロポリス、セサミン、カテキンなどがあります。

オプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントは、ウコン、マカ、ブルーベリー、グルコサミンなどは体調の回復のために利用されます

サプリメントの利用目的

サプリメントの利用目的は健康の維持・増進や病気の予防、食事で不足している栄養素の補給や強化、疲労回復、美容やダイエットなど性別や年齢により目的は様々です。さらに約5%は医薬品ではないですが、病気の治療目的に使用しています。

サプリメントの利用状況2)3)

サプリメントの利用状況は年々増加し、最近では約3割の人が毎日サプリメントを利用している状況です。また以前サプリメントを利用したことがある方は約8割もいます。さらに大人だけでなく、子供用のサプリメントもあり、身体の成長や脳の発達のために、約8~10%程度の親が子どもにサプリメントを与えています。

サプリメントの正しい利用法4)

サプリメントの情報はTVや雑誌、インターネットなどで情報が氾濫しています。まずは購入する前に、ご自分に本当にサプリメントが必要か考えてみます。

サプリメントの利用の前に、まずは毎日の食事から野菜、果物、乳製品、魚などを食品から取り入れるようにします。そのためには栄養バランスの良い食事を心がけ、食事内容や食生活事態を見直します。

サプリメントを購入する際には成分名、含有量、問い合わせ先を確認します。特に健康面の安全性や有効性を判断するためには含有量が必要です。サプリメントは食品に分類されていますが、ビタミンやミネラルなど1度に多種類のサプリメントを摂取すると健康被害の可能性が高くなり、被害の原因究明も難しくなります。何種類か摂取している場合は、同じ成分が重複していることもあり、過剰摂取による体調不良も引き起こします。

サプリメントを使用する際は、服薬中の薬との飲み合わせを確認します。サプリメントの形状は薬に似ていますが、薬とは別物です。サプリメントの利用によって病気の治癒が遅れたり、症状が悪化することもあります。

サプリメントは食品ではありますが、薬のような副作用がないわけではありません。サプリメントを利用するときは、どこのメーカーをいつ、どのくらい飲んだかなどをメモし、体調が悪くなったときは、すぐ使用を中止し、医療機関や保健所へ報告します。

また三七人参、ローヤルゼリー、ウコン、スピルリナなど天然のものでもアレルギーを引き起こすこともあります。表示に天然・自然の素材と記載されていても安全、安心とは限りません。

サプリメントを摂取しても良い実感がないときは、思い切ってサプリメントを止めてみることも大切です。

サプリメントの上手な活用方法は、サプリメントを利用しながら生活習慣や食生活も一緒に見直していくことです。

参考文献

  1. 多様な健康食品 厚生労働省(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  2. 消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査(アンケート調査)平成24年5月 消費者委員会(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  3. 「幼児にサプリメントは必要ですか?」 国立健康・栄養研究所 情報センター 健康食品情報研究室(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  4. 健康食品の正しい利用法 厚生労働省(PDF)(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)

ビッグな男を目指す貴方へ!!

ビッグな男を目指す貴方へ!!今まで無かった

バリテインには全部で115種類の成分が配合されており、それらの成分を種類に応じて、それぞれ3種類のカプセルに凝縮されているペニス増大サプリになっています。

無理やり1つの錠剤やカプセルに詰め込むのではなく、3つに分けることでそれぞれの成分が本来の効果を発揮しやすくなっています

日本の技術を結集した最先端のナノテクノロジーを駆使した生サプリと言われる生の成分が売りで、カプセルに凝縮された有効成分は身体に吸収されやすくなっています。

ではその3つのカプセルにはそれぞれどのような特徴があり、どのような有効成分が入っているのでしょうか?

それぞれのカプセルごとに分けて順番に説明していきたいと思います。

ソフトカプセル(生サプリ)

ソフトカプセルは生カプセルとも呼ばれ、バリテインの代名詞にもなっている生サプリが配合されています。

内容量としては460mgで、

スッポン末、鯉胆末、豚プラセンタエキス、水蛭末、ローヤルゼリー末、牡蠣エキス末、シジミエキス末、サメ肝油、馬精製油、烏骨鶏卵黄油、エンジュ抽出油、ヘマトコッカス藻抽出物、米胚芽、大豆発行抽出物、食用ぶどう油、EPA含有精製魚油、米粉、山西老陳酢濃縮末、デキストリン、DHA含有精製魚油、コエンザイムQ10、プロポリスエキス、たんぱく加水分解物、グリセン、グリセリン脂肪酸エステル、ルチン抽出物、トマト色素、環状オリゴ糖、レシチン、サフラワー油、ゼラチン、酸化防止剤(V.E)、酸化防止剤(V.C)

が含まれています。

ホワイトカプセル

ホワイトカプセルは115種類の有効成分が配合されていて、内容量は313mgになっています。

L-シトルリンを主成分に、L-オルニチン、N-アセチルグルコサミン、トナカイ角末、馬睾丸末、マムシ末、タツノオトシゴ粉末、馬の心臓末、クラチャイダム末、アカガウルクア末、マカ末、ガラナエキス末、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-リジン、アラビアガム、サンザシ末、雪蓮花エキス末、松樹皮エキス、ウコン末、マテエキス末、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、葉酸、メカブ抽出物、アスパラガスラセモサ抽出物、黒大豆種皮エキス末、発酵黒玉ねぎ末、赤ワインエキス末、カミツレエキス、ウナギエキス末、コンドロイチン蛋白複合体、ウーロン茶抽出物、ステアリン酸Ca、ヘスペリジン、ナイアシン、パントテン酸Ca、デキストリン、ゼラチン、上白糖、澱粉

などが配合されています。

ベージュカプセル

最後にベージュカプセルですが、86種類の酵素パワーが配合されていて、内容量は313mgになっています。

配合されている成分は、

冬虫夏草、高麗人参エキス末、霊芝子実体末、サソリ末、トンカットアリエキス末、プラセンタエキス末、カツアバエキス末、蟻末、ムイラプアマエキス末、ワイルドヤムエキス末、スピルリナ原末、田七人参末、ボタンボウフウ末、ジャムウ・ガリアン末、L-アルギニン、L-トリプトファン、D-リボース、L-アスパラギン酸ナトリウム、亜鉛含有酵母末、トンブリ末、陳皮末、ツルドクダミ末、クマザサ末、ニンニク末、クコシ末、カンゾウ末、α-リボ酸、山伏茸子実体末、メシマコブ子実子末、カカオエキス末、杜仲エキス末、紅参末、明日葉末、大麦若葉末、リンゴンベリーエキス末、ヨモギ末、鮭白子抽出物、野草発酵エキス末(滋養強壮成分中心)、ステアリン酸Ca、グリシン、デキストリン、ゼラチン

などが配合されています。

バリテインの効果的な飲み方

もちろんバリテインを飲むからには、ペニスサイズをより大きくしたいと思うのは当然だと思います。

ではより大きくするにはどのように飲めばいいのでしょうか?

バリテインは医薬品ではなくサプリメントなので、基本的に飲み方の決まりは特にありません

しかし、飲み方によってはサイズアップするまでの期間や大きさが違ってくるのも事実です。

まずはきちんと用法用量を守って飲むということです。そして大事なのが、きちんと毎日継続して飲むということです。

ペニス増大サプリは、長い期間飲まないといけないので、どうしても飲み忘れてしまうことも出てきますが、極力飲み忘れのないように毎日飲み続けてください。

バリテインの効果がない・間違った飲み方

バリテインの飲み方

バリテインのようなペニス増大サプリを飲む際には、間違った飲み方をしているとペニス増大の効果が出にくくなったり、効果が出るまでに時間がかかったりなどの可能性が出てきます。

そのようにならないためにも効果的な飲み方のみに注目するのではなく、間違った飲み方にも注意して使用することが大事です。

せっかく購入したバリテインをお金の無駄遣いで終わらせないためにも、間違った飲み方をきちんと把握しておく必要があります。

ではどのような事がダメなのでしょうか?

次に詳しく説明していくのでご覧ください。

お酒で飲んではいけない

お酒に含まれるアルコールを分解する際に、ペニス増大に必要な成分のアルギニンやシトルリンが使われるためお酒で飲むのは良くないです。

せっかく増大サプリで摂取した成分をアルコールの分解に使用していたら元も子もないですよね・・・しかし毎日のように晩酌している方にはいきなり禁酒するというのはなかなか難しいと思います。

そのような場合にはまずアルコールの量を減らすことから始めましょう

少しの量のアルコールなら、血管を拡張する効果もありますし、悪い事ばかりではありません。

飲み忘れも効果が発揮されない

ペニス増大サプリは継続して飲むことが一番大事です。

ペニス増大サプリは身体を根本から変えるために、3ヶ月以上飲み続けないといけません

長い期間飲んでいるので飲み忘れることもあるかもしれませんが、極力忘れることなく飲み続けていただければと思います。

1回や2回飲み忘れても効果がなくなるというわけではないかと思いますが、やはり徐々に効果が出てくるものなので、筋トレと一緒で1回さぼるとそれを取り返すのに倍以上の労力がかかることもあるので、携帯のアラーム機能などを使って、忘れずに飲み続けてください。

用量を超えて飲むのはダメ

バリテインは3種類のカプセルに分けて配合されていて、1日に3錠を目安として作られています

効果を早く実感したいからと言って、用量を超えて倍の量を飲んだりということはやめた方がいいです。

人間が1日に摂取できる成分の量には限界があります。

そのため過剰に摂取しても尿と一緒に排泄されるだけで、正直もったいないです。それにいくら体に副作用がないサプリであっても、あくまで用法用量を守ってのことです。

バリテインも安いものではないので、財布にも体にも優しい方法でペニス増大に取り組んでください。

公式サイト公認?の効果を最大限に発揮させる飲み方

バリテインのパッケージにはそれぞれのカプセルの横に朝昼晩を想像させるマークがついているので、それぞれのカプセルを朝昼晩に3回に分けて飲むのが正しい飲み方だと思います。

しかし、朝昼晩毎日飲むのってかなりめんどくさいですよね?めんどくさいと飲み忘れも増えていきますし、続けるのが億劫になってきます。

そんな方のために朗報です。公式サイトに飲み方について尋ねてみたところ、一気に就寝前に3カプセル飲んでいる方でも効果は変わらないようです

むしろ睡眠中に成分を効率よく吸収されるので、効果が高いということです。

公式サイトの方も認めているので、就寝前に一気に飲むのが効果を最大限に発揮する飲み方なのです。

また逆に、朝食後に飲むのも効果があるそうです。お試しください。

バリテインを継続して飲む事が大事な理由

ペニス増大はダイエットや筋トレと一緒で、1日や2日で効果が出るということはありません。

もしそのような商品が販売されたならば、めちゃくちゃ売れていて話題になっているでしょうし、もし本当に効果があったとしたら、身体への負担が半端ないはずです。

バリテインは決してそのような即効性がある製品ではありませんが、徐々に体の中からペニス増大を促すように作られています。

そのため筋トレやダイエットと同じように、毎日継続していかないと、せっかく増大に向けて身体が出来上がってきているのに、リセットしてしまうことになります。

筋トレの世界に「1日休めば取り戻すのに3日かかる」と言われているように、ペニス増大にも継続が大事だということをわかっていただきたいと思います。

バリテインの副作用について

バリテインに副作用はないのか?という疑問を持たれる方も多いようですが、バリテインは医薬品ではなく、サプリメントに分類されているので、基本的には副作用の心配はありません。

国内の工場で品質管理にも厳しい基準を設けているので安心です。

日本人の身体に合わせて作られているので、海外製の増大サプリのように成分が強すぎるために頭痛や吐き気が起こるといったこともありません。

しかし、バリテインには天然由来の成分で出来ているためその成分自体にアレルギーのある方が飲むと、副作用が起こることもなくはありません。なので、バリテインを飲む際には成分表をよく確認して飲むようにしましょう

そして、もし何らかの副作用が起こった場合には、すぐに最寄りの病院で受診しましょう。

バリテインを飲むと癌になりやすいのか?

 

ネットなどでバリテインの事を検索していると「バリテイン 癌」なんてとても怖いキーワードが出てくることがあります。

バリテインを飲んだら癌になりやすいの?なんて勘違いする方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

バリテインは天然由来の成分で出来ているため発がん性の成分を使用しているという報告はありません

もしバリテインが原因で癌になったというのなら、今現在バリテインは販売されていないでしょうし、ニュースなどにもなっていると思いますしすぐにわかるでしょう。

ではなぜそのような噂がささやかれているのでしょうか?それにはいくつかの理由が挙げられます。

飲むと癌になるとの噂の真実

海外サプリの中には発がん性の物質が含まれているという噂があり、そのことからもペニス増大サプリ全般に癌になりやすいという噂が広がったのではないかと思います。

確かに海外と日本のサプリメントでは安全基準も違いますし、使用できる成分も違うので確実な事は言えませんが、もしサプリの中に発がん性が確認されている成分があるのだとしたら、日本でも海外でも販売できるとは思えません。

また成分によっては摂取し続けると癌になる確率が高まるような成分もあるという噂もあるようですが、どちらも噂の域を出ないので確実な事はわかりませんが、バリテインには癌になるような成分も配合されていませんし、日本製の増大サプリになりますので、安心して使用していただければと思います。

癌の予防成分が配合されているので癌にはなりにくい

バリテインの配合成分の中にはクラチャイダムが含まれています。

このクラチャイダムには癌の予防効果があると言われているのです。

癌というのは毎日約5000個発生していると言われていて、それを体内の免疫機能で消滅することで癌の進行を防いでいるのです。

クラチャイダムに含まれている成分のセレンには免疫機能を正常に保つ効果があるため、がんの予防に一役買っていると言われているようで、バリテインががん予防につながる根拠になっています。

バリテインの購入方法は?

 

バリテインは薬局やドラッグストアでは販売しておらず、ネット通販のみとなっています。

調べてみた結果、現在はAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング、そして公式サイトの4つのサイトで販売されています。

価格の面では1箱購入するだけなら、ほとんどのサイトで購入しても価格は変わりませんでした。

ではどのサイトで購入すれば一番お得に購入することが出来るのでしょうか?

公式サイトからの購入をオススメ!

ずばり、2箱以上の購入を検討しているのならば間違いなく公式サイトでの購入をおススメしたいと思います。

公式サイトでは2箱以上の購入から割引価格で購入することが出来、2箱で3,300円、3箱で7,600円、4箱で11,900円、5箱で最高の16,700円の割引価格で購入することが出来ます。

実質1箱以上分の割引になるので、長く使っていこうと思っている方や、友人や同僚と一緒に購入しようという方は、是非とも公式サイトでの購入を検討していただければと思います。

公式サイト以外だと偽物や類似品などの可能性がある

また、公式サイト以外の通販サイトでは転売屋や悪質な業者が販売している可能性もあるので、ニセモノや類似品の可能性もあります。

しかし、公式サイトで購入すればそのような心配もありませんし、プライバシーも厳守してくれ、中身が分からないように商品を発送してくれたり、商品をヤマト運輸の営業所や郵便局留にすることも出来るので家族や恋人にバレるような心配もありません。

また支払方法も8つの中から選ぶことが出来、いろいろなケースに対応してくれるのがうれしいです。

もちろんこれらの気配りは通販サイトでは難しいですし、やはり価格も安く、気配りも出来ている公式サイトでの購入が一番いいのではないでしょうか?

バリテインを飲んだ人の口コミ情報

昔からペニスサイズには自信がなく、ずっとだれにも相談することが出来ずに今まで生きてきたのですが、偶然友人からペニス増大サプリの事を耳にして、自分で調べてみるとバリテインがよさそうだったので購入してみることにしました。

とりあえず3ヶ月は続けてみようと思い、3ヶ月分購入しました、今で2ヶ月が終わるころですが、性欲も強くなり、サイズも平常時で1cm、勃起時にはなんと2cmの増大に成功しています。

あと1ヶ月分でどれぐらい大きくなるか楽しみです。

今現在45歳で、なかなかあっちの回数も減ってきていて、このままどんどんペニスが退化していくのかと思うと怖くなり、もう一度青春を取り戻したいと思いバリテインを購入しました。

飲んで1カ月弱ですが、勃起した時の角度が全然違います。

大きさも1cmちょっと大きくなっているようで、妻も今までよりも良い反応をしてくれるので、このまま飲み続けてもっと妻を喜ばせたいと思います。

パンフレットに書いてある通り、朝食後に生サプリ、昼食後にホワイトカプセル、夕食後にベージュカプセルを飲んでいました。

2週間は真面目にそのように飲んでいましたが、それ以降はめんどくさくなって夕食後に3種類一気に飲んでいました。

ペニス増大効果は1か月で1cm弱ぐらい増大しました。のんで2週間ぐらいすると勃起力がアップしてきて今でも継続しています。

きちんと飲んでいればもう少しサイズアップしていたかもしれませんね。

バリテインは飲み忘れなく飲み続けてみよう

バリテインは普段なかなか摂取しにくいペニス増大に必要な成分を補助するためのサプリメントです。

バリテインは魔法の薬ではありません。1度口にすればペニスが大きくなるわけでもありませんし、精力も増強しません。

すべては使用する方の努力で決まります。しかし少しの努力で長年のコンプレックスを解消できるのだとしたら、3ヶ月や半年の期間頑張るのも悪くないのではないでしょうか?

そのためにもここまでに書いたことに注意をして、毎日継続して使用していただきたいです。

 

紫外線が一番強いのは何月?

紫外線が一番強いのは何月?

      2018/04/10

紫外線は「シミやシワ」の原因になったり、若いころから浴び過ぎると皮膚がんになりやすくなったり、本当に厄介な存在です。

そこで今回は「季節(月別)ごとの紫外線の強さ(要注意度)」をご紹介していきたいと思います。

紫外線といえば「真夏の8月あたりに注意しとけばいいんじゃないの~?」と思っている方が多いです。

惜しいのですが実は間違い。8月の要注意度は2番手3番手くらい!

一体、紫外線に最も注意すべきなのは何月なのでしょうか?

月別(季節別)にまとめていきます♪

スポンサード リンク

 

この記事の目次

春夏秋冬それぞれの紫外線

下記の条件での紫外線の強さのまとめになります。

  • 春は3~5月、夏は6~8月、秋は9~11月、冬は12~2月
  • 全ての日が晴天だと仮定
  • 月それぞれの紫外線要注意度(気をつけなければいけない度合い)を記載しています。レベル1~10

春の紫外線(3月、4月、5月)

1a19147d74b10d06e3186739f1f96eb9_s

  • 3月の紫外線要注意度:レベル8
  • 月別での紫外線の強さ:7位

寒い時期が過ぎ去りつつある3月、紫外線はそこまで強くありません。月別でも7位。

ですが、2月との差が大きいのでお肌への負担が知らない間にかかる月です。これを知らないのはなかなか危険なので、この3月で紫外線対策コスメを使い出すのがベストです。

  • 4月の紫外線要注意度:レベル8
  • 月別での紫外線の強さ:6位

4月に入ってくると紫外線は急に、そして徐々に強くなます。一番弱い季節の約3倍~3,5倍程度の強さ。

3月と同じくこれを知らない場合が多いため要注意度は高めになっています。

遅くとも4月頭あたりには何か1点、日焼け止めなどのUV対策コスメを用意しておきたいところ。

  • 5月の紫外線要注意度:レベル9
  • 月別での紫外線の強さ4位

グッと紫外線は強くなります。まさかの5月。紫外線の強さ自体は月別で4位です。

しかし、「強めなのを知らずに油断している方が最も多い月」なので注意レベル9になっています。

このあたりになると必ず毎日紫外線対策をすることを強くおすすめします。(外出しない日でも紫外線は50%以上部屋に侵入してきます)

【春・まとめ】

5月は急に強くなるまさにダークホース的な月。3月は紫外線対策を行い始めたい理想の月。

肌への意識が特に高い方は早くて3月頭~4月頭までには紫外線対策を始めるべきです。

夏の紫外線(6月、7月、8月)

2f1cef6846c0475b733f56b62c2420bd_s

  • 6月の紫外線要注意度:レベル10
  • 月別での紫外線の強さ:2位

紫外線対策しようかなぁ~まだいいかなぁ~なんて悩んでるともう遅いです。5月からさらにググッと上がる紫外線の強さは月別で2位。

その紫外線の鋭さと「7月に入ってないからまだ大丈夫でしょ」と油断をする方が多いため要注意レベルは最高値の10です。

要注意ランキングを作るとすればこの6月か5月のどちらかが1位でしょう。必ず紫外線対策・UVケアをしましょう。

  • 7月の紫外線要注意度:レベル10
  • 月別での紫外線の強さ:1位

紫外線の強さが月別で1位なのがこの7月です。もはや身体で感じ取れるんじゃないかと言うほど紫外線が凶悪に降り注ぐ月です。

対策を始め出す方が急増する(正直かなり遅いです)ので要注意レベル9か10か悩みましたが、強さが1位の月ということで10にしました。

  • 8月の紫外線要注意度:レベル8
  • 月別での紫外線の強さ:2位

紫外線自体の強さは6月とほぼ同じで2位。(地域によっては6月より少し強い)

一般的にこの8月に紫外線対策をされてる方が一番多く、[うっかり要注意!!]な月とは言えないため注意レベルは8に抑えてあります。

【夏・まとめ】

最も紫外線の強い季節。これは意外でも何でもなく知っている方がほとんどですね。

しかし5月6月こそが1年を通して最も厄介な月。対策をしていないとあっという間に強い紫外線攻撃がお肌に蓄積されていってしまいますので必ず覚えておきましょう。

 

 

秋の紫外線(9月、10月、11月)

391955ab806018d79931d6cd59440d87_s

  • 9月の紫外線要注意度:レベル8
  • 月別での紫外線の強さ:5位

8月からガクンと一気に紫外線の強さは落ちます。といっても強さ自体はなかなか強い方です。

さらに、紫外線対策を止めてしまう方が増え出すため注意度はレベル8と高めです。

  • 10月の紫外線要注意度:レベル6
  • 月別での紫外線の強さ:7位

さらにガクッと強さは落ちます。3月の終わりごろと大体同じくらいの強さ。たいていの方が紫外線対策を止めてしまう月。

しかし紫外線の強さが日によって不安定なのが落とし穴。なかなか強くなる日もあるため10月いっぱいまでは十分な注意が必要です。

  • 11月の紫外線要注意度:レベル3
  • 月別での紫外線の強さ:10位

ドドーンと強さが落ちます。

一日中外で活動している方以外はほとんど紫外線を気にすることのない季節と言えます。

【秋・まとめ】

ポイントは紫外線対策を止め出すことが多いという点。実は紫外線の強い日が結構多いです。

特に9月~10月末あたりまでは決して油断せずに紫外線対策を続けることをおすすめします。

 

冬の紫外線(12月、1月、2月)

e857894063a123e80ec55d7d07e11116_s

  • 12月の紫外線要注意度:レベル1
  • 月別の紫外線の強さ:12位

一年を通して最も紫外線が弱いのがずばりこの12月です。

外に出る機会も減ってくるので、紫外線対策は正直必要ないでしょう。

ですがもちろん12月だろうが何だろうがしっかりUV対策をしている美意識の高い方もわりといます。もちろんそれがベターです。

  • 1月の紫外線要注意度:レベル2
  • 月別の紫外線の強さ:11位

以外にも12月に比べると紫外線の強さはクイっとほんの少しだけあがるのがこの1月。

といってもまだまだ弱い月。特に気にしなくても大丈夫です。

  • 2月の紫外線要注意度:レベル7
  • 月別の紫外線の強さ:9位

ここで一気に紫外線は凶悪さを増してくるので皆さんが思っているよりも注意が必要な月です。

現にこの2月は資生堂や花王、コーセーなどの大手化粧品メーカーが一斉に日焼け止め最新作を発売開始する月なんです。(だいたい2月16日とか半ばに新発売されることが多いです)

つまり早い方でこのあたりからすでに紫外線対策を視野に入れ出す重要な月と言えます。

【冬・まとめ】

12月から1月と一年を通しで紫外線の強さでワーストトップ2の月が続く冬。

ですが「絶対に紫外線ダメージを肌に与えたくない」、「少しでも美白になりたい」と言う方は2月半ばあたりから紫外線対策を行うようにしましょう。

 

まとめ

月別での紫外線の強さ、いかがでしたでしょうか?

  • 2月半ばから新作の日焼け止めが各メーカーから販売開始される。
  • 3月末あたりから紫外線の強さが強くなり出す。
  • 5月6月はグッと強くなり一番油断してしまう最も重要な月。
  • 7月8月は油断する人は少ないけど紫外線がかなり強い月。

紫外線は対策を早めにするということが一番大事なのでそれだけでも覚えておいて下さいね。

 

そんな紫外線対策のための「日焼け止め」の最新おすすめランキングも紹介していますので合わせてどうぞ♪

【日焼け止めの2018年人気ランキングTOP10!今年流行間違いなし!】

 

日焼けでシミをつくらない – 紫外線対策とスキンケア

日焼けでシミをつくらない – 紫外線対策とスキンケア

日焼け シミもうすぐゴールデンウィークですね。外で過ごすのが気持ちのいい季節となり、アウトドアや旅行など、外出のご予定がある方も多いと思いますが、皆さん、紫外線対策は万全ですか?
春は紫外線量が急増する季節。特にゴールデンウィークが始まる4月の終わりから9月までは紫外線量がピークに達し、日焼けしやすく、放っておくとシミの原因にも…。
今回は、シミの原因となる紫外線対策と、日焼けによるシミをつくらないためのスキンケアをご紹介いたします。

日焼けでシミができるメカニズム

日焼けとは

日焼けはやけどの一種で、太陽光に含まれる紫外線の影響で起こります。紫外線が強まる4月から9月までの10時から14時が特に日焼けしやすく、紫外線で皮膚がダメージを受けて炎症を起こしたり、肌の褐色化が症状として表れます。
日焼けすることにより肌はダメージを受け乾燥し、シミやシワ、肌老化を早める原因に。日焼けをしたからといって必ずシミになるとは限りませんが、シミは一度できてしまうと改善が難しいため、白い肌を維持するためにも日焼けはできるだけ控えましょう。

シミの原因となる「メラニン色素」

太陽光を浴びると紫外線に対する防御反応が起こり、メラニン色素が発生します。このメラニン色素がシミの原因です。
メラニン色素は紫外線が体内に侵入するのを防ぎ、肌細胞を守るために一時的に生成されるもの。普通はターンオーバー(皮膚の新陳代謝)により角質となって排出されるのですが、紫外線をたくさん浴びた時や、老化などで皮膚中のメラノサイト(色素細胞)が異常を起こすとメラニン色素は大量に発生します。そうするとすべてのメラニン色素をターンオーバーで排出しきれなくなり、一定量のメラニン色素は皮膚内に残ったままに。メラニン色素には黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)があるのですが、皮膚に残った黒色メラニンがシミとなります。

日焼けでシミができる経緯

太陽光を浴びる→紫外線が体内に侵入→皮膚の細胞破壊などを防ぐため、メラノサイトがメラニン色素を作る→皮膚の奥にメラニン色素が発生→メラニン色素が広がり紫外線を吸収、肌を守る→ターンオーバーによりメラニン色素は排出されるが、過剰に生成され排出しきれなかったメラニン色素は皮膚の奥に残る→メラニン色素が皮膚に沈着する→ターンオーバーを繰り返し、皮膚に残っていたメラニン色素がシミとして肌表面に表れる

日焼けによるシミの種類

老人性色素斑(日光黒子) 紫外線の影響でできる、シミの中でも最も多いシミ。丸く茶色い形状で日焼けシミともいいます。長年肌に蓄積されたメラニン色素がターンオーバーを経て額や頬などに出てくるため、40歳前後で気になり始める方が多いのが特徴。日焼けをするほど増え、はじめは薄い茶色ですが、次第に色は濃くなっていきます。
光線性花弁状色素斑 短期間で大量の紫外線を浴び、強い日焼けをした時に肩や背中などにできる花びらのような形のシミ。色白の方に出やすいのが特徴です。

シミをつくらないための日焼け対策

シミが出てくるのは、肌質や日焼けのダメージ、紫外線を浴びた量により個人差はありますが、一般的に数ヶ月から数十年後。同じようにシミの数にも個人差がありますが、これは肌質や紫外線量だけでなく、日常のスキンケアによっても変わります。
ここでは日焼けを予防し、シミをつくらないための紫外線対策をご紹介します。

シミ予防には、シミの原因・紫外線対策が重要

人体に影響を及ぼす紫外線には2種類の波長があり、この波長をカットすることでシミを予防します。

すでにあるメラニン色素を酸化させて黒くする「UVA波」 紫外線の大半を占め、雲やガラスなど物質を透過し地表に届きやすい波長。エネルギーは弱いのですが、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの組織を破壊し、肌のハリや弾力性を奪うほか、サンタン(皮膚の褐色化)の原因になります。
肌細胞を攻撃し、メラニンを発生させる「UVB波」 エネルギーが強く、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけ、短時間で急激なダメージを与える可能性が高い波長。サンバーン(肌の赤みや火照り、痛みや水ぶくれなどの炎症)の原因になります。

肌負担の少ない日焼け止めで紫外線をカット

紫外線防止には日傘や帽子、UVカット効果のある衣類など様々なアイテムがありますが、一番効果的なのはやはり日焼け止めです。
SPF*やPA*の値が高い日焼け止めほど効果が高いと思って選びがちですが、日焼けやシミの予防にはSPF15~20、PA+~++で十分効果があり、適量(顔に使用する分は500円玉1枚くらいが一般的)を守り、2~3時間ごとに塗り直すのが効果を持続させるポイントです。お化粧をしている場合はUVカット効果のあるファンデーションやフェイスパウダーでメイク直しをすると良いでしょう。

*SPF(Sun Protection Factor)…紫外線防御指数。1平方cmの皮膚に2mgの日焼け止めを塗った場合、塗っていない時と比べ、紫外線を浴びた皮膚が赤くヒリつくまでの時間を何倍に長くできるかを表す数値。UVBを防ぎます。
*PA(Protection Grade of UVA)…UVA防御指数。+の数が多いほど効果は高くなり、UVAを防ぎます。

紫外線対策+αのポイント

紫外線対策は1年中、常に行う UVA波には透過性があり、雲やガラスなどを通過します。また、10月から2月は紫外線量が少ない時期ですが、ゼロになるわけではありません。シミのないお肌を目指すなら、天気や季節、屋内外に関わらず、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が必要です。短時間の外出時も注意
外出時はサングラスを着用する 角膜が日焼けすると、脳からメラノサイトへメラニン色素を作るよう指令が出てしまいます。UVカットのサングラスで目の日焼けも防ぎましょう。色の濃いサングラスは瞳孔が開いてしまい逆効果なので、薄めの色を。

日焼け後にシミをつくらないアフターケア

シミをつくらない、シミを増やさないためには日焼けしないことが一番ですが、いくら念入りに紫外線対策をしていても、外に出ることがある以上、ある程度の日焼けは避けられません。けれども前述のとおり、日焼けをしたからといって必ずシミができるわけではなく、また、できたばかりのシミは対処しやすいので日焼け後のケアはとても大切です。
ここでは、シミのないお肌に導く日焼け後のスキンケアをご紹介します。美白化粧品でのスキンケアのほかにも、食事や規則正しい生活などトータル的なアプローチが必要になります。

【外側からのスキンケア】

日焼け直後はお肌の鎮静・保湿を優先し、美白ケアはそのあとに
① 日焼けしたお肌の冷却と鎮静 日焼けはやけどの一種。症状はなくても肌はダメージを受けて炎症を起こしているので、まずは冷やすことが大切です。日焼けがひどく痛みや炎症があるときは、皮膚科などの医療機関で診察を受けましょう。
② 低刺激の化粧水でしっかり保湿 日焼け後の肌は刺激に弱く乾燥しています。敏感肌用など負担の少ない化粧水でしっかりと保湿し、肌を労ってあげましょう。使用する化粧水は冷蔵庫で冷やしておくと、肌のクールダウンにも効果的です。化粧水がしみる場合は軟膏を。
③ 美白化粧品で集中ケア

肌の炎症が落ち着いたら美白化粧品でのケアを始めましょう。美白化粧品に含まれる成分には刺激があるものが多いので、まずは今使っている基礎化粧品に美白効果のある美容液を1本取り入れるのがおすすめです。なかでも以下の成分が配合されている化粧品はシミのケアにとても効果的です。

  • ビタミンC:別名アスコルビン酸。メラニンの生成を抑えたり、肌の新陳代謝を活性化します。
  • アルブチン:黒メラニンを生成するチロシナーゼ(酵素)の作用を抑制。αはβの10倍の効果があります。

※日焼けした肌は刺激に弱くなっています。新しい化粧品を使う際は、必ずパッチテストをしましょう。

④ 新たな日焼けをしない 紫外線のUVA波は皮膚内のメラニン色素を酸化させて黒くします。これ以上シミを濃くしない、新たなシミをつくらないためにも、紫外線対策は今まで以上に徹底しましょう。

【内側からのスキンケア】

正常なターンオーバーでメラニン色素を排出する

シミのケアに限らず、美肌にとって最も大切なことは、肌が本来もっている回復力・ターンオーバーを正常な周期(28日)で促すことです。この周期はホルモンバランスの乱れやストレス、加齢などの影響で乱れてしまうこともあり、そうすると排出されるはずのメラニン色素が肌に留まり、シミが増える原因になります。

ターンオーバーを活性化するには
十分な睡眠をとる 肌の新陳代謝が最も活発に行われるのは睡眠中。22時から深夜2時は成長ホルモンが多く分泌され、肌の修復も行われるので、その時間帯も含め7時間以上を目安に、良質な睡眠を心がけましょう。
スキンケアにピーリングを取り入れる 酵素洗顔やピーリング効果のある洗顔を取り入れてもターンオーバーを促進することができます。
肌代謝を促す栄養素を積極的に食べる ターンオーバーの活性化に有効な栄養素として、肉や魚、大豆、卵などのたんぱく質や、牡蠣、海苔、しじみなどに含まれる亜鉛があります。
シミに効果的な栄養素を食事に取り入れる
ビタミンC 前述のとおり、シミに有効な成分。アセロラ、ブロッコリー、キウイなどに多く含まれ、美肌には毎日1000mgの摂取が良いとされています。柑橘系の果物には紫外線の感受性を高めるソラレンという成分が含まれているので、夕食時の摂取が良いでしょう。
リコピン トマトなどに含まれるリコピンには、メラニン生成の抑制や紫外線によるコラーゲンの減少の抑制、日焼け防止効果などが期待できます。
日常のケアでは対処できない頑固なシミには

濃いシミや肌の真皮層にできたシミなど、日常のスキンケアでは改善が難しいシミは、トレチノインやハイドロキノンといった皮膚科で処方される軟膏や、美容外科でのレーザー治療、光治療など、医療機関で治療する方法もあります。

シミをつくらないためには、日焼けをしないこと、日焼け後に適切なアフターケアをすることがとても大切になってきます。しばらくは紫外線の強い季節が続きますが、日焼け対策、そして手軽に始められて効果も実感できる美白美容液でのスキンケアで、シミのないクリアなお肌を保ちましょう。